【子供におすすめ】プログラミング学習アプリ7選!学習前に確認しておきたいことは?

プログラミング

テク
こんにちは、テクです。2年前に上場企業の営業マンからフリーのエンジニアとして独立し、週3労働・月収100万円を実現しました。入学するスクールで人生が決まると気づき、スクール選びに失敗しないための”テクコミ”を運営しています。

2020年度から小学校でプログラミングが必修化され、お子さんにプログラミングを学校と並行して学習させたいと思っている親御さんもいるのではないでしょうか。

そこで今回は、子供向けのプログラミング学習アプリを厳選紹介し、子供にプログラミングを学習させる前に確認しておきたいことについて紹介します。スマホやタブレットで手軽にプログラミング学習ができるので、ぜひ参考にしてみてください。

結論から言いますと子供におすすめのプログラミング学習アプリは以下の7つです!

  1. Scratch Jr
  2. GLICODE
  3. LightBot
  4. viscuit
  5. プログラミングゼミ
  6. JointApps
  7. ポケットコード

プログラミング学習を始める子供におすすめのアプリを紹介

テク
対象年齢に合わせたプログラミング学習サービスを選ぶのがおすすめだよ

1:Scratch Jr


引用元:scratchjr公式サイト

まず1つ目に紹介するのは、Scratch Jrです。Scratch Jrは5歳から7歳の子供向けに開発されたプログラミング学習アプリです。Scratch Jrは、主にiPadを使用してプログラミングを学習できます。

プログラミング学習といえばパソコンで行うというイメージがありますが、Scratch JrはiPadでプログラミングを学習するのでパソコンは不要です。

なのでこれから子供にプログラミングを学習させたいということからパソコンを購入しようか考えているのであれば、Scratch Jrであればわざわざパソコンを購入しなくても良いというのです。

Scratch Jrの大きな特徴は、ほとんど文字がないのでひらがな読みができない小さな子供でも気軽に楽しんでプログラミングを学習できる点にあります。

Scratch JrはiPadだけでなくKindleを使って手軽にプログラミングを学習することもできるので、これからプログラミングを学習しようと考えているのであればとてもおすすめです。

サービス名 利用可能端末
Scratch Jr iPad、Kindle

2:GLICODE


引用元:glicode公式サイト
2つ目に紹介するのは、GLICODEです。GLICODEは一言で言うと、グリコのお菓子を題材にプログラミング学習ができるサービスです。

GLICODEはお手持ちのスマートフォンやiPadなどの端末で簡単に利用でき、プログラミングの基礎となるシーケンスやイフなど、様々なスキルを可愛らしいデザインとともに学習できるのが特徴です。

またGLICODEならではの特徴として挙げられるのが、このサービスでプログラミングを学習するには実際のポッキーを使用するということです。

ポッキーを動かしてプログラミングを学習できるということから、実際に手と脳を動かしてできるのがメリットの1つです。

引用元:glicode公式サイト
またコースが設定されているため、クリアしていく達成感も味わうことができるのでおすすめです。

クリアしたら、ご褒美にポッキーをあげちゃいましょう。

サービス名 利用可能端末
GLICODE iPhone、iPad、Android

3:LightBot


引用元:lightbot公式サイト/
3つ目に紹介するのは、LightBotです。LightBotはお手持ちのスマートフォンやタブレット、そしてMacBookに対応しているプログラミング学習サービスです。

LightBotの大きな特徴は、LightBot内のキャラクターを効率よく動かしてゴールに通過させていくという、ゲーム感覚でプログラミング学習を楽しめるということが挙げられます。やはり子供にとってゲーム感覚でプログラミング学習ができるのは、挫折しにくいのでとても良いです。

対象年齢は4歳から8歳で、それぞれの年齢に応じたプログラムを学習できるのも特徴の1つです。またLightBotには、「LightBot Programming Puzzles」と呼ばれるサービスもあり、360円で利用することが可能です。

LightBotは無料でも楽しんでプログラミング学習ができますが、より本格的に学習しようと考えているのであればぜひ一度有料版を試してみてはいかがでしょうか。

サービス名 利用可能端末
LightBot iPhone、iPad、Android、MacBook

4:viscuit


引用元:viscuit公式サイト
viscuitは、プログラミング言語の1つであるビスケットから取ったものをサービスにしています。開発者は元NTT基礎研究所に勤務していた原田ハカセです。

viscuitの特徴としては、アニメーションやゲーム、そして絵本を手軽にプログラミングできるという点です。このプログラミングには「メガネ」と呼ばれる仕組みを使って、様々なバリエーションのプログラムを作成していきます。


引用元:viscuit公式サイト

viscuitは完全無料で楽しくプログラミングを学習できるので、アニメーションやゲーム、また絵本などの子供にとって身近な存在からプログラミングを学習させたいのであればぜひおすすめです。

サービス名 利用可能端末
viscuit iPhone、iPad、Android、Windows

5:プログラミングゼミ


引用元:プログラミングゼミ

プログラミングゼミは、簡単なプログラミングの問題を解いていくことでプログラミングの知識を身につけることができるサービスです。初めてプログラミングを学習する子供にとって需要な“飽きさせないサービス”を徹底しているのが、プログラミングゼミでもあるのです。

プログラミングゼミはゲーム感覚でプログラミング学習ができるということに加えて、就学前のひらがなやカタカナが読める子供でも楽しむことができます。

少しずつレベルが上がっていくので、子供のプログラミング学習に対する意欲を高めることにも効率的です。無料で楽しめるので、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

サービス名 利用可能端末
プログラミングゼミ iPhone、iPad、Android、タブレット

6:JointApps


引用元:JointApps公式サイト
JointAppsは、まるでパズルで遊んでいるかのような感覚でプログラミングを楽しむことができ、最終的には自分だけのオリジナルアプリを作成することができるプログラミング学習サービスです。その特徴は、面倒なプログラミングの知識を一切必要としないことです。

もともとJointAppsを利用するにはパソコンとAndroidスマートフォンが必要でしたが、今ではiPhone1台、またタブレット1台で手軽に利用できるようになっているのもメリットの1つです。

アプリを作る感覚を子供に感じてもらいたい、そんな気持ちに応えてくれるのは間違いなくJointAppsでしょう。

サービス名 利用可能端末
JointApps iPhone、iPad、Android、タブレット

7:ポケットコード


引用元:ポケットコード公式サイト
最後に紹介するのは、ポケットコードです。ポケットコードは自分の作ったプログラムをシェアしながら楽しむことができる、プログラミング学習サービスです。

またポケットコードはオリジナルゲームやミュージックビデオ、さらにはアニメーションなどを1から完成させることができるようになるのも特徴です。

そして何よりポケットコードでは、自分の作成したプログラムを他の人と共有することができるのです。なので相手の技術を真似したりできるので、プログラミング学習のモチベーションを高めるのにうってつけのアプリとも言えます。

ポケットコードはAndroidのGooglePlayやタブレットで利用できるので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

サービス名 利用可能端末
ポケットコード Android、タブレット
Point

ほとんどが完全無料で楽しめる

ゲーム感覚で学習可能

スマホやタブレットで手軽にできる

プログラミングをスマホで学習できるメリット

テク
手軽に楽しくプログラミングを学習できるから、すぐに身に付けることができるね!

①時間と場所に縛られない

プログラミングをスマホで学習できるメリットとして1つ目に挙げられるのは、時間と場所に縛られないということです。スマホやタブレットなどの端末だと、手軽に持ち運ぶことができます。実はこの手軽さが、プログラミング学習を楽しく学習するためのポイントなのです。

スマホやタブレットだと、移動や待ち時間などの隙間時間を使って簡単にプログラミングを学習できます。忘れがちになっていた項目を簡単に復習できたり、タイムリミットを設けてプログラミングを学習することもできます。

パソコンであればどうしても環境を整えることから始めないといけませんが、スマホやタブレットならすぐに利用できます。

こうした時間と場所に縛られないということが、プログラミングをスマホで学習できる際のメリットの1つとも言えます。

②楽しくゲーム感覚でスキルを身につけらる

2つ目に挙げられるプログラミングをスマホで学習するメリットは、楽しくゲーム感覚でスキルを身につけられるということです。

基本的に子供向けのプログラミング学習サービスは、楽しくわかりやすいコンテンツとなっています。そして子供が挫折しないように、ゲームなどで楽しくプログラミングを学習できるようなシステムになっています。

やはりゲーム感覚でプログラミングを学習できると、どんどん新しいステージにチャレンジしようという気持ちになるものです。

確かにコードを書き出すことが最終目標ではありますが、これから初めてプログラミングを学習する子供には、まずゲーム感覚でプログラミングの楽しさを体感してもらうことが大切になります。

③ほとんどのサービスが無料である

そして3つ目に挙げられるのは、ほとんどのサービスが無料であるということです。子供にプログラミングを学習させたいけど、できるだけお金がかからないようにしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

先ほどにもお話ししたように、子供向けプログラミング学習サービスは基本的にスマホやタブレットででき、一部有料のものもありますがほとんどは無料で学習できます。

なので初めてでも手軽にプログラミングを学習できるというのは、非常に大きなメリットの1つにもなります。先ほど紹介したサービスも、ほとんどは無料で利用できます。

もしもどのサービスにしたら良いかわからないのであれば、一度今回紹介したサービスを試してみてはいかがでしょうか。

Point

どこでもプログラミングを学習できる

楽しく学習することが可能

ほとんどのサービスが無料

子供にプログラミング学習をさせる前に確認したいこと

テク
子供向けプログラミング学習サービスを利用する前に、そのサービスが合っているか確認することが大切だよ

①サービスによって難易度が異なる

プログラミング学習サービスにはそれぞれ難易度が異なり、その難易度に合わせたサービスでプログラミングを学習することが大切になります。

特にこれは初めてプログラミングを学習する子供にはとても重要で、初めてプログラミングを学習するのに難易度が高いと挫折してしまいやすくなります。

基本的にどの子供向けプログラミング学習サービスも難易度は簡単ではありますが、対象年齢によって難易度が難しくなるものもあります。

なので学習サービスを選ぶ際に、対象年齢が合っているかどうかを確認するのも1つのポイントになります。

②分かりやすくプログラミングを学習できるかどうか

そしてもう1つは、分かりやすくプログラミングを学習できるかどうかということも重要なポイントになります。特にこれは年齢によって読める文字も異なるので、子供向けプログラミング学習サービス選びにおいては最重要とも言えます。

ひらがなしか読めない子供にはひらがな読みのプログラミング学習サービスがおすすめですし、簡単な漢字が読めるのであればもう少し難易度の高いプログラミング学習サービスを選ぶと良いでしょう。

子供に合わせたプログラミング学習サービスを選ぶことが、楽しく挫折しないで子供がプログラミングを学習できるようになるポイントです。

Point

難易度に合わせたサービス選びが重要

子供が読みやすいサービスを選ぶ

挫折しにくいサービスを選ぶ

スマホ以外で子供がプログラミングを学習するのにおすすめの方法

テク
スマホだけじゃなく、パソコンなどを使ってプログラミング学習をするとより効果的だよ

パソコンでプログラミング学習をする

スマホ以外で子供がプログラミングを学習するのにおすすめの方法として1つ目に挙げられるのは、パソコンでプログラミング学習をするということです。

やはりプログラミングを学習する最終目標としては、パソコンを使って実際にコードを書き出せるようになることが一番です。はじめは難しいかもしれませんが、慣れてきたら少しずつパソコンを使ってプログラミングの学習を始めてみるのもおすすめの方法です。

ある程度字が読める子供であれば、progateなどを使ってみるのも良いかもしれません。

progateなら、スライド式で手軽に学習できます。なのでパソコンでプログラミングを学習させたいと考えているのであれば、ス少し難易度も上がりますがprogateもおすすめです。

スクールに通ってプログラミング学習をする

ヒューマンアカデミートップ画像

そしてもう1つは、スクールに通ってプログラミングを学習するということです。今ではとても数多くのプログラミングスクールがありますが、中でも子供向けでおすすめなのはヒューマンアカデミーテックキッズスクールです。

プログラミング学習をしていく中で、難しくて進まないなんてこともあります。しかしプログラミングスクールに通うことで、わからないことを講師に相談することもできるようになります。

独学だけでなく、より専門的にプログラミングを学習させたいのであればスクールに通わせるのも方法の1つです。

Point

パソコンで学習させるのも方法の1つ

慣れてきたらスクールに通わせる

難しいサービスでの学習もおすすめ

まとめ:まずは使いやすい学習サービスを見つけよう

子供がプログラミングを学習するのには、パソコンが必要だと感じた人も多いかもしれません。しかし実際に今ではとても数多くの子供用プログラミング学習アプリが存在しているので、どこでも手軽にプログラミングを学習できるというのが大きな特徴です。

今回は7つのプログラミング学習サービスについて紹介しましたが、子供のレベルに合わせたサービスを利用することをおすすめします。まずは1つ、プログラミング学習サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. プロゲイトのトップ画像

    【評判・口コミ】話題のプロゲートについて解説!!

  2. ドットインストール画像

    ドットインストールは経験者からの評判も高い!おすすめしたい人と特徴を掘り下げる

  3. オンライン学習

    【初心者必見】オンラインプログラミング学習のおすすめ!特徴と選び方を紹介

  4. ピザラーニングのトップ画像

    paizaラーニングは初心者におすすめ!評判から語る特徴と他社サービスとの比較

  5. プロゲイトのトップ画像

    【比較】ドットインストールとプロゲートの違いを解説!料金と口コミはどちらが上?

  6. プロゲイトのトップ画像

    【progate】有料版と無料版で学習できるコースを解説!料金と評判は?

口コミを投稿する

スクール現役生・卒業生の本音募集中!

※審査通過後、サイトにアップされます。