【徹底比較】Progate(プロゲート)とPaizaラーニング、どちらがおすすめ?

プロゲイトのトップ画像
テク
こんにちは、テクです。2年前に上場企業の営業マンからフリーのエンジニアとして独立し、週3労働・月収100万円を実現しました。入学するスクールで人生が決まると気づき、スクール選びに失敗しないための”テクコミ”を運営しています。

皆さんはプログラミング学習に対してどのような印象をお持ちですか。

プログラミングスクールは非常に有名になってきていますが仕事をしながらプログラミングスクールに通うのは難しい人やプログラミングスクールに興味はあるけど高額な受講費を払うことができない人など様々だと思います。

そこで自分のペースで安く始めることができるプログラミング学習サイトが増えてきています。

今回はその中でもProgate(プロゲート)Paizaラーニングという二つのプログラミング学習サイトを比較しながら紹介していきます。

結論から言いますとプロゲートのほうが完全初心者向け、Paizaラーニングのほうがキャリアチェンジまで視野に入れている人向けということになっています。

ですが最後まで読まないと間違った伝わり方になる可能性もあるので必ず最後まで読んでください!

  • Progate(プロゲート)とはなにか
  • Paizaラーニングとはなにか
  • どちらに向いているか

Progate(プロゲート)とPaizaラーニングを比較

テク
どちらもかなり安いですね。どちらを選ぶかは好みにもよりますね。

Paizaラーニングのほうが安い

どちらのプログラミング学習サイトも最初は無料で利用することができます。

Progate(プロゲート)の場合は各コースの最初のレッスンは全て無料で受講することができ、+αでいくつかのレッスンが受講できます。

Paizaラーニングの場合は完全無料のコースと一部無料のコースがあり完全有料のコースは2020年3月末の段階ではありません。

無料で満足できない方は有料コースを受講すればプロゲートもPaizaラーニングも全レッスン受講可能です。

Progate(プロゲート)の場合は月額980円(税別)で公開中の全79レッスン(2020年3月末)が受講可能です。

Paizaラーニングの場合は一か月プランでは月額980円(税別)、6か月プランでは4080円(税別)で月当たり680円(税別)、一年プランでは6480円(税別)で月当たり540円(税別)になっていて全34レッスンが受講可能です。

金額でみるとPaizaラーニングのほうがかなり安いですがもともとどちらもかなり安いことは間違いないのでコースの数なども考えて選ぶといいでしょう。

Progate(プロゲート)はスライド、Paizaは動画

二つの学習教材には違いがあります。

Progate(プロゲート)の学習教材は画像になっていてスライド形式になっています。

Paizaラーニングの学習教材は短い動画になっています。

この二つの違いに関してはどちらがいいというものはなく自分のペースでゆっくり進めたい人はスライド形式のプロゲート、動画のほうが入ってきやすい人は動画形式のPaizaラーニングを選ぶといいでしょう。

Paizaラーニングはエンジニアに質問できる

この二つのようなプログラミング学習サイトで勉強するときの一つの課題として誰も教えてくれないということがあげられます。

自習で進めていくにしてもわからないところくらいは教えてほしいですよね。

Progate(プロゲート)では質問するような機能はなくわからないことがあっても教材と照らし合わせるかGoogleなどで検索しなくてはいけません。

PaizaラーニングではPaizaラーニングのエンジニアに不明点を質問する機能があり、アドバイスをもらうことができます。

この二つの違いは大きいでしょう。

ただでさえ難しい印象のあるプログラミング学習で初歩的なところでつまずくとやる気をなくすということも少なくないでしょう。

自分だけで進めることができるかが心配な人はPaizaラーニングのほうがいいでしょう。

どちらも環境構築がいらない

システムやソフトウェアの開発環境などを整えることを環境構築と言います。

この環境構築がプロゲート、Paizaラーニングのどちらでも必要ありません

そのためどちらも環境構築無しですぐに学習を始めることができます。

しかしこの二つでは環境構築を学ぶことができないという見方もできるので環境構築から学びたい人はまた別に学習する必要があります。

Progate(プロゲート)の特徴

プロゲートのトップ画像
テク
プロゲートは初心者にもやさしい内容になっています。
最初は無料コースで試せばいいでしょう。

特徴①アプリでいつでも学習

Progate(プロゲート)にはスマートフォンのアプリがあります。

電車などで移動している時間もスマホでゲーム感覚で学習を進めることができます。

スマホアプリ版はWEB版よりは簡単な内容しか学習できないので基本はパソコンで進める必要はありますが、補助教材としては十分活躍してくれます。

特徴②初心者向けだが急につまずく?!

Progate(プロゲート)のコンセプトは初心者から、創れる人にというものです。

そのため学習内容も初心者でも始めやすいように最初は簡単な内容でわかりやすいです。

深くまで学びたいという人に向けてのコースもありますがProgate(プロゲート)の学習スタイルの場合は難しい内容になるとつまずくという人も少なくなく挫折することもあります。

特徴③レベル上げでやる気を維持

プログラミング学習において一番難しいともされているのが継続することです。

難しい内容のことを学習するうえに誰にも文句を言われない、褒めてもらえないという他社からの評価がない状態でモチベーションの維持は簡単ではありません。

そこでProgate(プロゲート)では学習を進めていくとレベルが上がっていくようになっていて自分がどれだけ頑張ったかを可視化できます

https://twitter.com/yoshihiko_hf/status/96414711323904000

Paizaラーニングの特徴

ピザラーニングのトップ画像
テク
Paizaラーニングの学習コンテンツは少し癖がありますよ。
気に入る人はかなりやり込めるかもしれません。

特徴①転職を見据えた学習内容

Paizaとは本来転職サービスを主体としていてその一部のサービスがPaizaラーニングです。

そのため現役エンジニアが転職サービス部門から得た情報などをもとにカリキュラムを作成しています。

よって転職を見据えた学習内容になっていて現場で役に立つスキルを身に付けることができます。

少しでも転職を視野に入れている人はPaizaラーニングがいいでしょう。

特徴②ユニークな学習コンテンツ

Paizaトレーニングの一つの特徴として学習コンテンツが非常にユニークという点があります。

RPGのようなゲーム感覚で進めていけるようなものもあればギャンブルゲームのように進めていくことができてプログラミングをいかに楽しく学習していくかというところを考えて作られているようです。

これらのようなユニークさはPaizaラーニングの強みでもありますが二次元系の映像なので苦手な人は受け付けないこともあるとは思うので一度自分で確認した方がいいでしょう。

特徴③スキルチェックで腕試し

Paizaラーニングではある程度学習した後にプログラミングスキルチェックというサービスで腕試しをすることができます。

コードを書いて問題を解くだけで書類選考無しで面接まで行ける企業を紹介してくれるという転職サービスです。

転職サービスではありますが転職をする気がない人でも腕試しはできますし、自分のスキルがどの程度のところまで高まっているのかを確認することができます。

どっちを選べば良い?

テク
どの点を重視するかによりますね。
プログラミングを学習してどうなりたいかによって選ぶものは違くなるでしょう。

ここまで述べてきたProgate(プロゲート)の特徴などをもとに向いている人を紹介します。

  • プログラミング完全初心者
  • 隙間時間を活用したい人
  • より多くのコースを勉強したい人

まずプログラミング完全初心者にむけたサービスなのでプログラミング学習を始めるには最適な学習サイトだと言えます。

そしてアプリがあるので移動時間などパソコンを使うことができない時間帯に学習を少しでも進めることができるので仕事が忙しく勉強時間を作り出すことが難しい人にもおすすめです。

またProgate(プロゲート)は有料会員になれば79個のコースが受け放題になるので色々なプログラミング言語に触れたいという人もおすすめです。

他にもいくつもの判断基準はありますが参考になれば何よりです。

Paizaラーニングに向いている人

Progate(プロゲート)と同じようにPaizaラーニングに向いている人を紹介していきたいと思います。

  • プログラミング初心者ながら転職も視野に入っている人
  • 楽しみながらプログラミング学習したい人
  • わからないところをそのままにしたくない人

Paizaラーニングは初心者に向けた内容があるなかで、スキルチェックなどの転職にもつながっていくサービスもあるので本気でキャリアチェンジを考えている人はPaizaラーニングのほうが向いているでしょう。

そしてユニークな学習コンテンツを使って楽しみながら学習を進めたい人、Paizaラーニングのコンテンツが好みな人はとても向いているでしょう。

またエンジニアに質問する機能があるのでその機能でわからないことを解消できることを重視する人はPaizaラーニングの方がいいでしょう。

最後に

二つのプログラミング学習サイトを比較してきましたが多くの共通点がある中違う点も多かったと思います。

どちらも非常にコストパフォーマンスのいいサービスなのでプログラミング学習のスタートでも慣れてきてからの復習教材でもいろいろな用途で使うことができるので利用することをお勧めします。

それぞれの違う部分を自分の中で評価して後悔のない選択の手伝いになれば何よりです。

関連記事

  1. プロゲイトのトップ画像

    【比較】ドットインストールとプロゲートの違いを解説!料金と口コミはどちらが上?

  2. ピザラーニングのトップ画像

    paizaラーニングは初心者におすすめ!評判から語る特徴と他社サービスとの比較

  3. ドットインストール画像

    ドットインストールは経験者からの評判も高い!おすすめしたい人と特徴を掘り下げる

  4. ジークジョブトップ画像

    GEEKJOBの就職に関する評価!転職率95.1%のプランと就職先を徹底解説

  5. プロゲイトのトップ画像

    【progate】有料版と無料版で学習できるコースを解説!料金と評判は?

  6. プロゲイトのトップ画像

    【評判・口コミ】話題のプロゲートについて解説!!

口コミを投稿する

スクール現役生・卒業生の本音募集中!

※審査通過後、サイトにアップされます。