【保存版】おすすめのプログラミングスクールを紹介!大学生・転職希望者向け!

PCと女性
テク
こんにちは、テクです。2年前に上場企業の営業マンからフリーのエンジニアとして独立し、週3労働・月収100万円を実現しました。入学するスクールで人生が決まると気づき、スクール選びに失敗しないための”テクコミ”を運営しています。

プログラミングを学びたい皆さん。

最近ITが急速に発達しているので、IT人材がこれからもっと必要とされています。

今伸びているIT企業に就職あるいは転職したい・将来ずっと役に立つスキルを習得したいですよね。

プログラミングに興味があるけど、どうやって勉強すればいいのか不安に思っていませんか。

そんな悩みを抱える就職・転職希望者・フリーランス別におすすめのプログラミングスクールを紹介していきます。

選び方のポイント・体験談を参考にしながら、自身に合うプログラミングスクールを選びましょう!

  • スクールを選ぶポイント!
  • おすすめのスクールを紹介!
  • 実際に通った人の口コミ・評判を公開!
スクールの詳細をもっと知りたい人は

CodeCampの口コミ・評判!

TechAcademyの料金システムを解説!

プログラミングスクールを選ぶポイント

テク
講師や教材の質だけじゃなくてエンジニアとして何をやりたいのか考えるのが1番大事!

将来の目標を明確にする!

プログラミングスクールを選ぶ時には、自身の学ぶ目的に合う教室かどうか判断することが1番大事です。

まず将来自分がどのようなキャリアを歩みたいか考えましょう。以下の3つが主な意見として挙げられます。

  • IT企業への就職を有利にしたい
  • 今より年収が高い会社に転職したい
  • フリーランスになりたい

また自分がエンジニアとして働くうえで何をしたいのか明確にする必要があります。

転職など働き方が決まっている人は多いのですが、やりたいことが曖昧な人が多いのできちんと考えましょう。

Webサイト制作・アプリケーション開発のどちらに関わりたいのかによってプログラミングスクールや受講するコースが決まります。

Webサイトは、情報を提供しているサイトのことです。具体的には、会社のHPなどが挙げられます。

アプリケーションは、業務を効率化するためのWebソフトウェア、スマホのシステムやツールのことです。

Web会議システムのアプリケーション「Zoom」は、海外や地方など遠方の方と出張など手間をかけずすぐに会議をしたい時に用いるものですよね。

ちなみに現在はアプリケーション開発のエンジニアの求人が多いので、将来的にはアプリ開発を学ぶのをおすすめします。

学ぶべきプログラミング言語を決める!

プログラミングスクールによって学べる言語が違います。自身の目的に合った言語が学べる場所を選びましょう。

以下に「Webサイト制作」・「アプリケーション開発」別に必要なプログラミング言語を記載します。

Webサイトの制作をしたい方

Webサイトとは、会社のHPなど情報発信を目的としたサイトのことです。

Webサイトを制作するには、HTML/CSS、JavaScriptを習得する必要があります。

アプリケーション開発をしたい方

①社内業務向けアプリ開発:Java、C、C#

②Webアプリケーション開発 
例:Google マップ

Webアプリケーションで使われる言語は、バックエンド(私達には見えない裏側の部分)とフロントエンド(私達の目に見える部分)で分かれます。

  • バックエンド:Java、C#、PHP、Ruby
  • フロントエンド:HTML、CSS、java Script

③スマホアプリの開発をしたい方
例:ポケモンGO

  • iPhone用アプリ開発 Swift
  • Android用アプリ開発 Java、Kotlin

キャリアアップを1番に考えるのでしたら、Webサイト制作よりアプリケーション開発の学習をおすすめします。

就職活動を有利にしたい方は是非アプリケーション開発に必要な言語を学びましょう。

就職に有利な言語を選びたい方は

ここでは就職活動に有利な言語を紹介していきます。

多くの企業は、エンジニアへの転職条件として「Java」「PHP」「Ruby」「C#」を挙げています。

下記の表は、IT専門エージェント「レバテック」が2019年6月に発表したプログラミング言語別求人ランキングです。

出典:レバテックキャリアプログラミング言語別求人ランキング【2019年6月発表】

Javaは今注目を集めているスマホ決済サービスなどの開発に欠かせない言語なので、多くの企業から1番求められています。

またどの業界でも人手不足を補うための業務を効率化するシステム開発の需要が高まっています。

以下は、前年と比べたときのプログラミング言語別の伸び率の表です。

引用元:レバテックキャリアプログラミング言語別新規案件昨対比【2019年6月発表】

Pythonの求人が急速に増加しているため、Pythonの求人割合が全体の言語の中では2番目に高くなっています。

というのは、Pythonという言語は、今世界が注目している人工知能(AI)などの開発に必要だからです。

Pythonを習得すると今後活躍しやすくなるので、Pythonを学べるスクールを選ぶといいですね。

「オンライン」か「オフライン」を選ぶ!

プログラミングスクールを選ぶ上では、「オンライン」・「オフライン」など自身に合う学習環境を整えることが大事です。

プログラミングスクールには、ネット環境のある自宅など好きな場所で講義を受けられる「オンライン」と教室に通って学ぶ「オフライン」の2種類あります。

プログラミングスクールが自宅から通える場所にある場合は、通学してプログラミングを勉強する「オフライン」がおすすめです。

プログラミングを勉強する仲間と出会えたり対面で気軽に講師に質問できたりするからいいと評判です!

一般的にはプログラミング学習は挫折しやすいと言われています。

しかし「オフライン」なら仲間と一緒に頑張れるなどモチベーションが維持しやすいので大丈夫。

エンジニア就職・転職を考えているのであれば、「オフライン」はおすすめしません。というのも就職サポートが充実していないという声があるからです。

キャリアアップを目指してプログラミングを学んでいるのに、就職が上手くいかなかったら意味がないですよね。

ただし仕事関連での出張が多かったり自宅から通える場所にプログラミングスクールがない場合は、「オンライン」がおすすめです。

「オンライン」の方が通勤時間が節約できますし、自分のペースで進める事ができます。

状況や性格などを踏まえたうえで自身にとって1番最適な学習環境を選びましょう。

無料体験を活用する!

最後にプログラミングスクールを選ぶポイントは、スクールの教え方が自身に合うかどうかです。

どんなにいいスクールで自分が興味のある内容を学べたとしてもスクールの指導方法や教材との相性が良くなかったら大変ですよね。

そこで各プログラミングスクールの無料体験ができるので、指導方法などが合うかどうか確認してみましょう。

無料体験の後には、講師とスクール・キャリアなど何でも相談する時間があるので、多くの情報を得ることができます。

プログラミングスクールの無料体験を受けて、指導方法だけでなく自身の理想のキャリアが実現できそうか相談してみるといいですね。

Point

将来やりたいことを考える!

アプリケーション開発関連の言語を学ぼう!

無料体験を有効活用しよう!

おすすめのプログラミングスクール徹底比較!

テク
大学生・転職者・フリーランスに大切なポイントが違うからプログラミングスクールを選ぶ時は気を付けよう!

IT企業に興味がある大学生

大学生向けのプログラミングスクールには、プログラミング言語の習得コースとエンジニア就職コースといった2種類のコースがあります。

だからなんとなくプログラミングに興味があるだけなのかあるいは将来エンジニア就職を考えているかによって自身に合うプログラミングスクールは異なってきます。

自身のエンジニアとしてのキャリアやプログラミングに対する興味の度合いを考えた上で、プログラミングスクールを選びましょう。

①TechAcademy

TechAcademyのトップページ

Tech Academyはオンラインのみのプログラミングスクールです。

ここはなんと2016年に第13回日本e-Learning大賞で「プログラミング教育特別部門賞」を受賞しています。

現役のエンジニアがマンツーマンで週2回ビデオチャットで指導します。

基本は自分で教材を進めるのですが、わからないことがあったらメールで質問してみましょう。すぐに回答が返ってきます。

また課題ができるようになるまで何度も現役エンジニアがアドバイスをくれるので、きちんとプログラミングを理解することができます。

将来エンジニアを目指していて、実践的なプログラミングスキルを身に付けたい方にはおすすめです。

Tech Academyには友達と一緒に受講したら1万円の割引が受けられる『トモ割』など多くの割引サービスがあるので、お得な値段で学べます。

また大学生には全てのコースに学割があるので、社会人よりお得に受講できます。

②TECH::CAMP

TECH CAMPのトップページ

TECH::CAMPは、東京・名古屋・大阪の3都市6教室に展開しているプログラミングスクールです。

近くに通学できる教室がない場合は、オンラインでも受講できます。

技術試験・ホスピタリティ試験に合格したエンジニア教育専門の講師が全くプログラミングがわからない初心者に対して丁寧に指導します。

講師の中には現役エンジニア以外の人もいますが、全員厳しい教育研修を受けています。

ここの講師は、教育のプロとして初心者がきちんとプログラミングを習得できるように全力で支援します。

初心者でもプログラミングを理解しやすいよう丁寧に教えてほしいと考えている人にはTECH::CAMPがおすすめです。

Webプログラミングなどコース別でなく期間で料金が設定されているので、短期間で多くのプログラミングやエンジニアのスキルを学ぶことができます。

TECH::CAMPも紹介割とともだち割といった割引サービスがあるので、お得な値段で受講できます。ただし割引の併用はできないので気を付けて下さい。

紹介割を利用すると、紹介された方は、5%割引され、紹介者にはAmazonギフト券3,000円分もらうことができます。

ともだち割では、友人と一緒に2人以上で申し込むと10%割引されます。

③GEEK JOB(ギークジョブ)

GEEK JOBは東京に教室があるプログラミングスクールです。

GEEK JOBは2つのコースを開講しています。

  1. Webアプリ学習コース(PHP / Java /Ruby)
  2. 就職コース(プログラマー)

Webアプリ学習コース(PHP / Java /Ruby)は、初心者でもWebアプリの開発ができるようになるコースです。

10:00~21:00の間でしたら教室・オンラインどちらでも疑問点を質問できます。大学生は2ヶ月で66,000円で受講できます。

午前10時から質問に対応して下さるスクールはここだけなので、午前の時間を有効活用したい人におすすめです。

このコースでは最初にJavaかPHPのどちらかの言語を選択した後、開発現場でよく使われている技術を中心に勉強していきます。

現在はJavaがエンジニアとして1番必要な言語であるためJavaを選択しましょう。

就職コースは、1ヶ月~3ヶ月間で大学生にプログラミング学習と就職支援サービスを提供するコースです。

多くの企業のWebサイト制作やアプリケーション開発現場で使われているPHP/Java/Rubyのプログラミング言語を無料で学ぶことができます。

現役エンジニアが指導してくれるので就職につながる実践的なプログラミングスキルが身に付きます。

ちなみに就職コースを受講者が無料で学べる理由は、受講者を企業に紹介して報酬を頂いているからです。

本気でエンジニアになりたい方は就職コース、プログラミング・エンジニアに興味がある方はWebアプリ学習コースがおすすめです。

GEEK JOB

IT企業に転職したい30代の社会人

転職したい30代の社会人がプログラミングスクールを選ぶ時には、転職支援がどれぐらい充実しているか確認しておく必要があります。

というのは、プログラミングスクールで習得できる技術は限られているからです。

プログラミングスクールではエンジニアの基礎しか学ぶことができないため、実際の開発現場ではもっと多くのスキルが求められることがあります。

そのため転職支援があまり充実していないスクールに通った場合、転職先を見つけるのが大変になるので気を付けましょう。

①DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは東京・大阪の2都市3教室に展開しているプログラミングスクールです。

DMM WEBCAMPには、経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座に認定された「転職コース専門技術講座」(渋谷校限定)があります!

「転職コース専門技術講座」を受講できるのは、選考に合格した方だけです。

選考準備や828000円(税別)という受講料の高さなど大変な点もありますが、経済産業省に認定されているので、受講する価値があります!

厚生労働省の「専門実践教育訓練給付金」にも認定されているので、条件を満たせば最大受講費約68%が教育訓練給付金として支給されます。

ということは、828000円の高額の講座が268000円というお得な価格で受講できるチャンスがあるんです!

給付金を受給する条件は各自ハローワークで確認しておきましょう。給付金がもらえれば家計への負担が減るので安心して学習できます。

ここはチーム開発など実践的を重視して学べて、専門の転職アドバイザーが転職相談にのってくれるので、業界最高水準の98%高い転職成功率を誇っています。

DMM WEBCAMPは、DMM.comグループのプログラミングスクールであるため、限定求人・非公開求人を含めて300件以上の求人があります。

月曜から日曜(金曜日は閉館)の11時から22時の間でしたら、自分の好きな時間に教室を使えますし、疑問点があれば教室にいる講師にすぐ質問できます。

下記に給付金条件が書かれているハローワークのリンクを載せておきます。給付金についてもっと知りたい人は是非参考にしてみて下さい。
ハローワーク 教育訓練給付金

DMM WEBCAMP

② TECH::EXPERT

旧テックエキスパートのトップ画像

TECH::EXPERTは渋谷、大阪、名古屋、福岡の4都市6教室に展開するプログラミングスクールです。

TECH::EXPERTが2つのコースを開講しています。

  1. 転職コース
  2. 副業・フリーランスコース

転職したい方は「転職コース」を選択しましょう。「副業・フリーランスコース」に興味がある方は、下記で詳細を説明します。

ここは、未経験の方など誰でも自分で稼げるようになるための教育プログラムを提供しています。

実際の開発現場と同じ環境下で学ぶことで技術を確実に習得でき、転職面接の対策など最後までサポートしてくれるので、転職の心配をする必要がありません。

個人の生活に合わせて教室とオンラインでの学習を組み合わせることができるので、自分のペースで学べます。

仕事を辞めていてすぐ転職先を見つけたい方は、最短10週間でエンジニアに転職できるプログラムで勉強できます。

また仕事と両立しながら勉強したい方は、夜間や休日を中心に学習できます。

③ TechAcademy

TechAcademyのトップページ

上記に登場したオンラインのみのプログラミングスクール・Tech Academyを転職希望者に向けて紹介します。

改めて説明しますが、ここは2016年に第13回日本e-Learning大賞で「プログラミング教育特別部門賞」を受賞しているプログラミングスクールです。

現役のエンジニアがマンツーマンで週2回オンラインで指導します。

オンラインだと独学で勉強するのと変わらないと思われがちですが、いつでも講師に質問できるのですぐに疑問を解消することができます。

難しい課題でつまづいた時は、解決できるようになるまで何度も講師がアドバイスをしてくれるので、きちんとスキルが身に付きます。

仕事に役立つ実践的なスキルを身に付けて、エンジニアに転職したい方におすすめです。

オンラインでも受講を始めてからすぐに転職支援サービスが受けることができます。最初から転職相談ができると多くの情報が得られるので安心ですよね。

プロフィールや習得した技術を元に企業やコンサルタントからスカウトされたり転職に関する悩みも相談できたりします。

技術を習得し独立したいフリーランス

多くの企業は、どこでも通用する高い技術力を持っているフリーランスのエンジニアを求めています。

そのためプログラミングスクールを選ぶ時は、フリーランスに求められている技術が習得できるかきちんと確認しておきましょう。

またフリーランスは自分で稼ぐ必要があるので、どのように働いていくか考えることが重要です。

経験者に色々な話を聞きながら、フリーランスとしてのキャリアを築いていきましょう。

① TECH::EXPERT

旧テックエキスパートのトップ画像

上記に登場したTECH::EXPERTを副業したい方やフリーランスに向けて紹介します。

TECH::EXPERTは、未経験でもきちんと技術を習得し、フリーエンジニアとして活躍できるようになるために充実した教育プログラムを提供しています。

そのため、未経験者でも自身でWebサービスの開発ができるようになります。

TECH::EXPERTのフリーランスへのサポート内容は以下の通りです。

【サポート内容】

  1. 案件獲得(東京限定)
  2. セルフマネジメント方法
  3. 卒業後半年間継続支援

TECH::EXPERTは、なんと日本初フリーエンジニアの案件獲得保障したプログラミングスクールです!(案件は東京しかないので注意して下さい。)

半年間就職支援を受けても案件が獲得できなかった場合は、受講料を全額返金してくれます。

ただし案件獲得保障を受けるには、期間内に学習を修了しなくてはいけません。

ここでは1人1人に専属のコーチがついて目標設定・学習計画など様々なことを指導して下さるので、安心して下さい。

日々コーチにアドバイスを頂きながら課題を期限内に終わらせる努力をしましょう。

個人の生活に合わせて教室とオンラインでの学習を組み合わせることができるので、自分のペースで学べるのもいいですよね。

フリーランスとしてすぐに独立・起業したい方は、最短10週間でエンジニアに転職できるプログラムで勉強できますよ。

副業としてエンジニアでも働きたい方は、夜間や休日を中心に学習できます。

③CodeCamp

CodeCampのトップページ

CodeCampは、「オンライン」のプログラミングスクールです。

毎日7:00~23:40と長時間オンラインでの講義を開講しているので、隙間時間や休日など自分の好きな時間に勉強することができます。

講師が40分間受講者に合わせてマンツーマンで丁寧に指導して下さるので、未経験者でも大丈夫です。

全員厳しい採用試験を通過した現役エンジニアが集まっているので、講師の質がいいです。講師は常に指導力の向上に努めているため、受講生の満足度が94.6%と高いです!

CodeCampは充実したキャリア支援があるので、フリーランスにもおすすめです。

講師にIT業界・エンジニアなどのキャリアについて気軽に相談できる「キャリアTalk」と呼ばれるサービスがあります。

大手IT勤務、ベンチャー勤務、起業・独立経験者など様々な経歴の講師がいらっしゃるので、IT業界の働き方について知ることができます。

実際にCodeCampでキャリア相談をした受講生は多くの情報が得られたと好評です!

フリーランスとしてのキャリアを築くには、経験者に話を聞くことが大事です。

起業・独立経験者の方々から話をたくさん聞いて自身のキャリアをじっくり考えていきたい人にはCodeCampがおすすめです!

④DIVE INTO CODE

DIVE INTO CODEは、東京に教室があるプログラミングスクールです。しかし通学できない方にはオンラインのコースを用意しています。

DIVE INTO CODEは考える力を重視した教育を提供しているので、ここのスクールの卒業生は技術力・仕事力が高いと評判です!

開発現場では多くの知識が求められるので、全部暗記できませんし、時にはスクールで学習していないことをやることもあります。

だからこそスクールで学んだことを応用し、どのような問題に対してもきちんと理解して考える力を身に付けることが大事です。

同期と議論しながらプログラミングを学ぶので、講義をただ聞いている時よりも学習内容が理解しやすいです。

一般的にはプログラミング学習は大変なので挫折する人が多いと言われています。

しかしここは同期に刺激を受けながら勉強できる環境であるため、モチベーションが保ちやすいです。

フリーランスで働く際には、自分で開発できるぐらいの技術力の高さが求められます。

どこにでも通用する高い技術力・仕事力を身に付けたい方には、考える力を重視するDIVE INTO CODEがおすすめです!

DIVE INTO CODE

Point

大学生はプログラミングに対する興味で選ぼう!

転職希望者は転職支援の充実度で選ぼう!

フリーランスは技術力を習得できるかで選ぼう!

実際にプログラミングスクール通っていた人の体験談を大公開!

テク
プログラミングスクールに通う前にに知っておいた方がいいポイントがあるんだ。それを知った上でスクールやエンジニア就職を考えよう!

就職が上手くいった成功体験

プログラミングスクールに通って本当にエンジニアに転職できるスキルが身につくか心配になっている人が多いのではないでしょうか。

結論から言うと、プログラミングスクールに通ってエンジニア転職に成功した人はたくさんいるので大丈夫です!

プログラミングスクールでの学びが会社でどれだけ通用するか不安になると思います。

習得した技術だけだとまだ足りないのですがスクールで学んだエンジニアとしての心構えは会社に通用します。

実際の開発現場で活躍するには、プログラミングスクールで習得した技術だけでは足りません。

しかしスクールでは、考える力や質問の仕方など実際にエンジニアとして働く上で大事な基礎力や心構えを学ぶことができます。

スクールで学んだ基礎力がエンジニアで働いている時に役立っているという意見があります。

プログラミングスクールに通うと、エンジニアの基礎的な技術と心構えを学ぶことができるので、エンジニアに転職するのは可能です。

しかしプログラミングスクールで学んだ知識だけだと不十分であるため、転職後も勉強し続けることが大事です。

プログラミングスクールで勉強すればすぐにエンジニアで活躍できるというわけではないので気を付けましょう。

無駄になってしまった失敗体験

ここではプログラミングスクール選びに失敗して大金を無駄にした方の失敗談を紹介します。

スクールによって教材が「progate」という月980円のサイトや市販の書籍とほぼ同じ内容であるため、独学で勉強するのと変わらないことがあります。

大金を費やしたのに、スクールより安いサイトや書籍と同じ内容しか学べなかったら嫌ですよね。

各スクールの無料体験で教材が自身が学びたい内容であるかきちんと確認しておけば、このような失敗をしなくて済みます。

実際に独学でプログラミングを学んだ方の中には、スクールの無料体験に参加することで自身のプログラミング学習が進んだ人もいます。

スクールの教材が自身の学びたい内容であれば、プログラミング学習でつまずいている人にとっては、プログラミングスクールへの通学がおすすめです。

プログラミングスクールを選ぶ時は、無料体験を活用して、教材が自身に合う内容かどうかきちんと確認しておきましょう。

Point

スクールではエンジニアの基礎が学べる!

スクール卒業後も勉強する必要がある!

無料体験で自身の学びたいができるか確認!

総括:自身の将来を考えてプログラミングスクールを選ぼう!

この記事では、プログラミングスクールを選ぶポイントを紹介してきました。

1番大事なのは学ぶ目的と自身の理想の働き方を明確にすることです。目的と働き方によって自身に合うプログラミングスクールが違ってきます。

プログラミングへの興味の度合いやキャリア支援の充実度など何を1番重視したいかきちんと考えておきましょう。

なんとなくプログラミングに興味があるのであれば、1番簡単なコースを受講するのがいいですね。

本気でエンジニア就職・転職を目指している方やフリーランスとして働きたい方は、キャリア支援が充実しているプログラミングスクールを選びましょう。

またどこにでも通用する技術力が習得できるかどうか確認しておくといいですね。

関連記事

  1. プログラミング

    【プログラミングスクール徹底比較!】あなたのスクール選びを手助け!

  2. 東京

    東京・横浜のプログラミングスクール・教養向けや転職に強いスクールを合わせて紹介!

  3. 無料体験があるプログラミングスクール/教室のおすすめ7選!プランなどの特徴を紹介

  4. フリーランス

    【社会人向け】大人がプログラミングスクール/教室で後悔しない選び方のコツ

  5. フリーランス

    プログラミングスクール卒業後すぐにフリーランスになるのは危険?

  6. 渋谷

    【渋谷周辺のプログラミングスクール】仕事、学校帰りに通えて、効率的に学習できる!

口コミを投稿する

スクール現役生・卒業生の本音募集中!

※審査通過後、サイトにアップされます。