【徹底比較】テックキャンプとテックアカデミーを完全解剖!

テックキャンプ
テク
こんにちは、テクです。2年前に上場企業の営業マンからフリーのエンジニアとして独立し、週3労働・月収100万円を実現しました。入学するスクールで人生が決まると気づき、スクール選びに失敗しないための”テクコミ”を運営しています。

このサイトを見ていただいているということはテックキャンプとテックアカデミーどちらが自分に合っているのか悩んでいますね?

簡単に結論を述べますと
網羅的に勉強したい人はテックキャンプがおすすめ
狭く深く学びたい人はテックアカデミーがおすすめ
です。

記事の中では他にもどんな人が向いているのか、他にはどんな違いがあるのか後悔しないための注意点などもありますので最後まで読んでみてください。

  • テックキャンプの特徴
  • テックエキスパートの特徴
  • あなたに向いているスクール

テックキャンプとテックアカデミーを簡単に比較!

テク
どちらがいいのか悩んでいるなら二つのスクールを比較してみましょう。
料金などの数字だけでなくサービス内容までしっかり見ていくことが大切ですよ。

テックキャンプは教室がある

一番重要な違いは学習スタイルです。

自分がどのように学習していきたいかによって選ぶべきスクールは大きく左右されます。

テックキャンプの場合はオンラインで学習、質問などもできますが基本は教室に通って学習するスタイルになります。

校舎はコースによっても少し違いますが基本的には東京、大阪、名古屋、福岡の4都市が拠点となっています。

またコースによっては教室に通うことができないと受講できないケースもあるので注意が必要です。

テックアカデミーは完全オンライン完結型になっています。

週に二回ビデオチャットを使ってメンターとのマンツーマンレッスンを行います。

またマンツーマンレッスン以外の時間でも15:00~23:00の間であればチャットを利用してメンターに質問することができるので自分のタイミングで学習することはできます。

テックアカデミーは講師が現役のエンジニア

講師の質も気になりますよね。

テックキャンプのメンターは基本的にテックキャンプの卒業生や大学生が行っています。

対するテックアカデミーの講師は現役のエンジニアがやっています。

やはり現役のエンジニアなだけあって講師の質は非常に高く質問すれば現場レベルの知識を教わることができます。

本気で学ぶならテックキャンプがお得

料金に関してはコースや学習スタイルの違いもあって簡単には比較できませんがプログラミングを学ぶ初歩のコースの違いを比較します。

ですので数字だけで判断しないようにしてください。

テックキャンプのプログラミング教養というコースでは入会金が198,000円で月額が19,800円の初月が無料となります。

テックアカデミーの初めてのプログラミングコースでは4週間のプランで99,000円から始めることができます。

短期間で考えると価格に倍近くの差が出ますね。

何がこの違いを生み出すかの要因は様々ありますがテックキャンプのプログラミング教養コースでは用意されている4つの学習コンテンツが契約期間内なら学び放題という点が大きいでしょう。

逆に長期的に通うことを前提に考えてみます。

プログラミングは本格的に学ぶとなると半年は学習に時間を要するといわれているのでそのケースでの価格も比較してみましょう。

先ほどと同じコースだとテックキャンプでは297,000円となります。

テックアカデミーで16週間初めてのプログラミングコースに通いそのあと8週間Pythonコースに通う場合189,000円+189,000円で378,000円になります。

これは1例ですが長期的に通うことを考えている場合はテックキャンプのほうが安く済みます。

テックキャンプの特徴

テク
スクールを選ぶときにはが必要です。
まず自分がどんなことを一番大切にしているのかを考えてみてください。

学習教材のアップデートは欠かさない

テックキャンプの社長が発言していますが教科書のアップデートという部分には強いこだわりがあるようです。

教科書もすべて電子教材になっているため改善点を見つければすぐにアップデートするというコンセプトなので常に最新の技術を取り入れることができています。

またこのアップデートは生徒からの質問が来たところをデータで管理し質問が多いところは表現を変えてわかりやすくするというものなので生徒に寄り添った強みと言えます。

継続させる力のあるメンター

先ほども説明しましたがテックキャンプのメンターは現役のエンジニアではありません。

しかしメンターになるための試験をクリアしてきているのでもちろん能力がないわけではありません

なぜ現役のエンジニアではないのかというと重視している部分が知識量だけではないからです。

皆さんはめちゃくちゃ頭のいい人でも教えるのは下手くそというケースを経験したことはありませんか。

テックキャンプはそこを重視していて教えることがうまい人、コミュニケーションを取るのがうまい人を採用しています。

生徒とコミュニケーションをうまく取ることは生徒のモチベーションを保つためにも大きな役割を果たします。

↑のようにメンターと仲良くなることが校舎に通う理由にもなると思うので、そもそも継続できるか心配という人などは参考にしてみてほしいです。

横には他の受講生がいる

何かを学ぶときにマンツーマンレッスンという表現を聞くと惹きつけられますよね。

決して間違いではないと思います。

しかし周りが頑張ってる姿を見て負けん気で頑張れるということもありますよね。

テックキャンプではマンツーマンで学習を進めていくわけではないからこそ横には一緒に学んでいる同期がいます

この点に関しては人によると思いますが自分一人じゃ続かなそうという人には選ぶ理由にもなっていくと思います。

テックアカデミーの特徴

テク
スクールがメリットと言っていることも人によってはデメリットにもなります。
自分がどんな性格なのかを知ることがスクール選びを間違えないポイントですよ。

コースの数が圧倒的に多い

テックアカデミーは何といってもコースの数が豊富です。

その数なんと25コース!

細かくコースが分けられているため自分の学びたいことをピンポイントで学べるのがテックアカデミーの特徴と言えます。

例えば初めてのプログラミングコースではHTML/CSSやPHPをWEBアプリケーションコースではRubyのほかにもいくつかの言語を学ぶことができます。

また複数のコースを受講したい場合はセット割や受け放題というものまであるので価格を見ながら決めるのがいいと思います。

どんなコースがあるのか詳しく知りたい人は公式サイトで確認してみてください。

受講後はコンテストで腕試し

オンラインで受講が終わるとテックアカデミーではコンテストに参加することができます。

ここでは自分で開発したサービスやサイトなどを応募し現役で活躍しているエキスパートたちに審査してもらうことができます。

自分のサービスへの評価をもらうこともできますし、受賞すれば新たにコースを受講する際に割引されたり、ただで受講できたりします。

↑のようにモチベーションの向上につながることもあり、受講生なら何度でもエントリーできるので自分のサービスに対する客観的な評価が欲しいときは利用するのもいいでしょう。

学習内容は狭く深く

先ほども説明したようにコースが非常に細かく分けられているということは一つのコースで学ぶことのできる幅は必然的に狭くなります。

ただ狭いだけでは納得できませんよね。

だからこそテックアカデミーでは深くまで学習することができます

現場レベルと遜色ないところまで学習することができるからこそ大変ですが自分のものにできれば武器と呼べるほどのスキルになるでしょう。

結局どちらがいいの?

テク
自分が何を大事にしているか分析出来ましたか?
それでは最終確認に行きましょう!

テックキャンプが向いている人

  • 対面で指導を受けたい人
  • 時間に比較的余裕がある人
  • 網羅的に勉強したい人
  • 継続できるか不安な人

大きな違いの一つがオフラインでも学べることなので面と向かって指導してもらえるほうが覚えやすいという人はおすすめです。

またテックキャンプの特徴として期間内なら教室に来放題、質問し放題という環境なので時間に余裕がある人には向いていると思います。

さまざな知識を学びたい人もプログラミング教養コースを選べば月額制で4つのコンテンツが学び放題にもなっているのでお得になります。

そして何よりおすすめなのが最後の継続できるか不安な人です。

テックキャンプでは最後までやり遂げさせることを一番の価値だとしています。

学習のことだけでなく気軽に話せる人材をメンターにしていることや周囲に一緒にがんばる仲間がいることはきっと支えになります。

テックアカデミーが向いている人

  • 地方の人
  • 隙間時間を利用し学習したい人
  • メンターの知識量を重視する人
  • やり遂げる強い意思のある人
  • 分野に特化して学びたい人

テックアカデミーは完全オンライン完結型のプログラミングスクールなのでどこに住んでいるかに関わらず学習することができます。

なので出先で隙間時間ができたときなど多忙の中学習を進めたい人にも向いていると思います。

メンターが現役のエンジニアであることもメンターの知識の質を重んじる人にはプラスの要素と言えます。

自分の力で最後までやり抜く気持ちが強い人は周囲に人がいるとかえって邪魔に感じてしまうかもしれないので自分とメンターのみで勉強できるテックアカデミーが向いていると言えます。

テックアカデミーの大きな強みでもある細分化されたコースは自分が何を学習したいかはっきりと決まっている人にはぴったりの制度です。

最後に

いかがでしたか。

この記事ではテックキャンプとテックアカデミーの様々な点を比較してきました。

そこで最も大切なのはまず自分のことをよく知ることです。
    
自分がどんな性格なのか、今後プログラミングを学んでどのようなキャリアを送りたいのか。

そのことをしっかりと知り、各プログラミングスクールを調べることで選択ミスという無駄がを減らせるはずです。

決して安いとは言えないプログラミングスクール選びで後悔しないようにしてください!

TECH::CAMP
TECH CAMP TECH::CAMPトップページ
総合評価 ★★★★☆
特徴 全額返金保証・6000円の分割払い可能
オンラインでも質問可能
教室展開 東京・大阪・名古屋・オンライン
料金 初月無料・月額14,800円~
適正 現職でキャリアアップしたい方
エンジニア以外で転職したい方
サービスが作れるようになりたい方

TECH::CAMPで無料体験してみる


TechAcademy
TechAcademy TechAcademyトップページ
総合評価 ★★★★☆
特徴 プログラミング教育特別部門賞受賞
オンラインスクール
短期集中プログラム
教室展開 オンライン完結
料金 4週間コース:99,000円~
適正 1人では続かない方

TechAcademyで無料体験してみる


TECH CAMPのよくある質問

カリキュラムを修了し、 プログラミングの厳しい試験に合格、かつ、教える技術を習得した優秀なエンジニアです。

Webサービスのプロトタイプであれば60時間学べば1人で開発できるレベルに達します。独学では360時間以上、他スクールであれば180時間かかる内容を60時間で習得できるため、おすすめです。

講義形式ではなく、ご自身の学習ペースに合わせる、自己学習形式です。学習を進めていく間にわからないことがあれば、チャットやビデオ通話でどこからでも質問できます。

カリキュラムに載っていない項目についても可能な限りサポートします。しかし、受講者が自身で開発できることを目指すため、メンターが代行してコードを書くことはしません。

クレジットカード払い(一括・分割)と口座振込(一括のみ)の2種類を用意しています。


TechAcademyのよくある質問

基本的に、1コースあたり160時間が目安です。初心者向けのコースでは50時間を目安としています。

iPhoneアプリコース、UI/UXデザインコースの受講ではMacが必要ですが、これら以外のコースではWindowsPCでも受講できます。

可能です。クレジットカードで3回・5回・6回・10回・12回・15回・18回・20回・24回の分割払いを選べます。

エンジニア転職保証コースのみ30歳以下が受講対象となりますが、他のコースに年齢制限はありません。

入金後、受講開始前からカリキュラムを閲覧できます。

関連記事

  1. テックキャンプ

    テックキャンプの各コースの特徴・学べる言語を詳しく紹介!

  2. テックキャンプ

    【比較】梅田のプログラミングスクールはテックキャンプだけなのか??

  3. テックキャンプのトップ画

    【体験談】TECH::CAMP(テックキャンプ)|未経験からプログラミングで副業収入を目指した女性の結末は?

  4. テックキャンプ

    【体験談】就活に向けて大学生がTECH::CAMP(テックキャンプ)に通ってみた|渋谷校

  5. テックキャンプのトップ画

    【徹底解説】テックキャンプの「イナズマスタイル」はどんな人が行くところ?

  6. テックエキスパートのトップ画像

    【TECH::CAMPとTECH::EXPERTの違い】特徴を比較・解説

口コミを投稿する

スクール現役生・卒業生の本音募集中!

※審査通過後、サイトにアップされます。